きたかぜは ちからを こめて たびびとに かぜを ふきかけます。
たびびとのふくを ふきとばそうと いうのです。



ところが たびびとの ふくは ぬげません。

「ああ、なんて さむいひなんだ。」