百鬼草子

 日本人なら誰でも幼い頃に寝物語として「桃太郎」や「一寸法師」、「三枚の御札」等の御伽噺を聞いたことがあるでしょう。その中で、私達はつい主人公達の華々しい冒険譚ばかりに引き込まれがちです。しかし、この作品で私達が光を当てるのは、彼らに退治される悪役、即ち鬼や山姥といった奇奇怪怪たる魑魅魍魎達なのです。勿論、日本に限らず、世界の民話や神話には実に多くの愛すべき物の怪達が闊歩しています。最近では、御伽噺の世界を抜け出して、ゲームの敵キャラと成って復活したモンスター達もいます。太古の昔から現代に至るまでの永い時間、彼ら妖怪達は人々の記憶から完全に消え去ることなく、人々に愛され続けてきました。平安時代は京の都で暴れまわった悪鬼から、遠く大海原の向こうの吸血鬼やドラゴンに至るまで、正に物の怪の社会は十人十色、鬼に魔物、幽鬼に妖精、神獣に幻獣…といった多種多様な魔物達が存在します。中には人間に好意的なものや、神の遣いとして崇められてきたものもいます。私達の作品は、洋の東西を問わず世界各国に散らばる彼らの仲間について調べていく中で、民俗学的な観点から、「何故人間は彼らを誕生させたのか」「彼らの正体とは一体何だったのか」といったことに迫り、ひいては当時の人間の心理についても追求していく、といったことを目的として作られたものです。

  1. 本作品は、Macromedia社Flashを使用しております。インストールされていない場合にはFlash Playerをダウンロード後、ご覧ください。
  2. 本作品は、文字サイズを小にして御覧になることをお勧めいたします。
  3. 本作品閲覧中お気づきの点がございましたら、お手数ですが掲示板のほうにお願い致します。
  4. 本作品の をご利用ください。
  5. 本作品中の情報を検索される場合は もご使用ください。

ここからお入りください