まろの詩講座〜島崎藤村バージョン〜

まず、この詩を見るまろ。

千曲川旅情の歌

第一連
第二連
第三連
小諸なる古城のほとり
あたゝかき光はあれど
雲白く遊子悲しむ
歌哀し佐久の草笛
浅くのみ春は霞みて
千曲川いざよふ波の
麦の色はづかに青し
岸近き宿にのぼりつ
しろがねの衾の岡辺
旅人の群はいくつか
濁り酒濁れる飲みて
日に溶けて淡雪流る
畠中の道に急ぎぬ
草枕しばし慰む

第一連から第三連にいくにつれて、時間が朝から夜へと移っている。この詩は、時間の流れを上手く表現しているまろ。

さらに、いくつかの部分(*印の所)にスポットを当てていって、解説するまろ。CLICK!