円の面積の求め方

円の面積の求め方は、半径×半径×円周率ですが、なぜそうなるのかたしかめてみましょう。

上のアニメーションのように円を中心からできるだけこまかく切って、並べると平行四辺形のような形になります。最初にできるだけ円を細かくきって置けばきっておくだけ、平行四辺形に近くなり、最終的には平行四辺形になります。この平行四辺形の高さは円の半径、底辺は円周の半分つまり

直径×円周率÷2=半径×円周率

となります。よって円の面積は半径×半径×円周率となるのです。