へいわようろうかん (だいにけんえきじょ)
戦争が日々激化する中、第一検疫所だけでは、負傷者を十分に治療できなくなってしまったので二つ目の検疫所を作ったそうです。負傷者を治療してくれるグループのメンバー中に先日亡くなられた江戸屋猫八さんもいらっしゃったそうです。