ばきゃくしょうきゃくろ (げんしえいじゅうたくようちからいせつ)
ここは広島市が市営住宅を作ろうとして土地を整地していたとこ発見されました。ここでは本来軍用馬しか焼却されないのですが8月6日の原爆投下以来、たくさんの負傷者が本土から運ばれてくるようになり亡くなる方の数も大変増えました。そのため本来、人を焼却するための火葬場では間に合わず、仕方なく馬と一緒に焼却された遺体も数多くあったそうです。そのためこの焼却炉が発見された時、馬の骨とともに大量の人間の骨も見つかったそうです。